税金の扶養について

税金の扶養の管轄は税務署で、税金の扶養に入れるためには年末調整を行うときに毎年申告が必要です。
そして税金の扶養には入れる人は決まっており、以下の条件があります。

その年の1月〜12月の1年間の給与収入累計が103万円以下の者

給与収入に交通費は含みません
失業保険でもらうお金は非課税の収入ですので、失業保険の金額は含めずに計算します。

つまり、その年の1月から退職までの給与の総額が103万円以下であれば税金の扶養に入れるということを意味しています。
健康保険の扶養ばかり気にして税扶養を忘れていたというケースもありますから、忘れないようにしっかりと申告しましょう。
ちなみに、どれだけ税金が安くなるかというと、少なくても5万円くらいの節税になる場合がります。