失業保険を申請するときに必要となる書類一覧

失業保険の申請書を提出する場所はハローワークですが、重要な書類がいくつかあります。

ここのカテゴリーでは、以下の3つの書類の説明をします。

必要となる書類は、上記の他にも以下の書類がありますがこのカテゴリでは説明を省略しております。

  • 印鑑
  • 写真(たて3cm×よこ2.5cmの正面上半身のもの)×2枚
  • 本人確認、住所及び年齢を確認できる官公署の発行した写真つきのもの
    (運転免許証、住民基本台帳カード(写真つき)等)
  • 本人名義の普通預金通帳
  • 個人番号(マイナンバー)がわかる資料(個人番号通知カードや個人番号が記載された住民票など)

この中ではとくに個人番号(マイナンバー)に関する資料が重要ではないでしょうか。

個人番号(マイナンバー)は平成27年末から配布が始まった書類で、役所に提出する書類がある際に記載を求められるようになりました。

個人番号の制度は不正受給の解消に役立ちそうですが、効果が発揮するまでは時間がかかるだろうと思っています。

失業保険の申請書類記事一覧

失業保険の申請をする前に、最初に渡されるのが求職申込書です。求職の申し込みはしないといけないの?この求職申し込みは必要な手続きです。なぜなら、退職後に何ヶ月かゆっくりしたい人にとっては求職と聞くと違和感があるかもしれませんが、失業保険をもらえるようになるには失業の状態にあることを要件としています。この『失業の状態にあること』とは、以下の3点を満たすことをいいます。積極的に就職する意思があるいつでも...

離職票は離職票1と離職票2の2種に分かれています。何とも色気のない名称で、もう少し気の利いた名前が付けれなかったのかが疑問でなりませんが、ともかく2つに分かれています。今回はそのうち、離職票1についてのご紹介になります。なお、離職票1の正式名称は雇用保険被保険者離職票−1 です。

離職票2の正式名称は雇用保険被保険者離職票−2といいます。まずは実物をご確認下さい。ハローワークのページへのリンク雇用保険被保者離職票2の記入例(PDF)用紙を見ていただければ大体どんなものかは分かるかと思いますが、横長の大きな用紙になっており、以下の内容が記載されています。離職票2の左側に書き込まれる内容労働者の被保険者番号などの情報事業主の情報離職日以前の賃金支払情報この賃金支払情報の内容で失...