職業訓練校という制度について

失業保険と肩を並べるくらい有名なのは職業訓練校ではないでしょうか。

なぜ有名なのかって、それはもちろん

お金をもらえて技能を修得できる。

からでしょう。

職業訓練校に通ってもらえる金額は、一日あたり以下の金額をもらえます。

失業保険の金額(基本手当)と同じ金額
受講手当の500円
交通費

訓練の時間や期間はどの職業訓練校に通うかで変わってきますが、訓練時間は6時間〜8時間程度ですし、訓練期間は3ヶ月から2年までバリエーションが豊富です。

つまり、失業保険の受給期間とあわせると最長2年と数ヶ月ほど、お金をもらい続ける事ができる制度です。

じっくり手に職をつけたい方にとっては嬉しい制度ですね。

しかしながら、この職業訓練校に通うためにはいくつか条件があります。

しかも、人気がある訓練講座は当然倍率が高くなっていますので、入校できなかったなんていう場合もあります。

ちなみに私は申し込みましたが、見事に玉砕しました。

このカテゴリでは、記事を数回に分けて職業訓練校へ通うための手続きをご紹介いたします。

職業訓練校へ通うためには記事一覧

失業保険とは違って、公共職業訓練校に通える人は限られています。以下の内容は少々難しい内容ですので、普通の失業保険をもらえる方はこのページの内容な不要な情報になりますので次の記事へどうぞ。カテゴリTOP次に進む>

職業訓練校に申込みするタイミングはとても重要です。それは何故かといいますと、以下の理由があるからです。応募者区分という係数があるからこの『応募者区分』とは簡単にいうと、合格のしやすさとも言い換えられますが、これは以下のタイミングで決定されるものになっています。訓練開始日に、所定給付日数が何日残っているかつまりは、所定給付日数が残っている日数によって優先順位が決まってしまうということです。あくまでも...

職業訓練校にはどのようなコースがあり、どのような技術やスキルを身につけることができるのか。非常に興味がある事だと思います。今回の記事は、どうやってそれを調査するのかのご紹介になります。職業訓練は種類が多い!求職者に対する職業訓練は、主に国や都道府県が実施しています。しかし、公共団体が主導して設備を整えたり開講のための人員手配をするということはコストがかかるということもあって、専門学校や大学・企業(...

職業訓練校への申込み方法は一通りしかないのですが、選考方法は開講される訓練の種類によってバラバラです。選考方法は面倒なものから書類選考だけのものもありますので、それらを確認しておいた方がよいでしょう。と、いうことで今回の記事はそれらについてご紹介します。

職業訓練校に通っている間は、いくらもらえるのか。非常に気になるところだと思いますので、確認しておきましょう。基本手当、受講手当、通所手当職業訓練校に合格して、通学を始めると以下の給付金がもらえます。基本手当基本手当は、失業保険の受給資格者証に記載されている金額と同じです。基本手当の日額は関連記事失業保険の金額を計算するでご確認下さい。技能習得手当受講手当受講手当というのは、訓練を受講した日ごとに支...