雇用保険の被保険者になっていますか?

雇用保険に加入していない場合の不利益

雇用保険に加入しているか、加入していないか。

これは非常に重要な問題です。

なぜ重要なの?
加入期間に応じて失業保険をもらえる日数(所定給付日数)が変わるからです。
所定給付日数が分からないという方は関連記事加入期間は?倒産?自己都合?異なる所定給付日数をご一読下さい。

 

以下の具体例のように、加入期間による所定給付日数はかなりの差があります。

例1:自己都合退職の場合
  • 加入期間が20年以上の場合は所定給付日数は150日
  • 加入期間が10年未満の場合は所定給付日数は90日
例2:会社が倒産してしまい失業してしまった方(45歳以上〜60歳未満)の場合
  • 加入期間が5年以上の場合で所定給付日数は240日
  • 加入期間が1年以上5年未満の場合で所定給付日数は180日

こうやって見てみるとかなりの差があることが分かります。

つまり、雇用保険に入っているかどうかの確認はとても大事なのです。

雇用保険への加入手続きはだれが行うの?

雇用保険へ加入しているか確認するといっても加入手続は会社がやってしまうので、 確実に加入しているかどうかが分かり辛い仕組みになっています。

雇用保険に入っているかどうかはどうやって確認するの?
入社する前に人事・総務の方が入っていると言ったから大丈夫?
給料から雇用保険料が天引きされているから大丈夫?
いいえ、こういう理由だけでは確実に加入しているといえません。

加入手続きは人為的なものですのでうっかり忘れてしまっているというのもありえますし、極端な話、悪意のある事業主が雇用保険料を着服している事も考えられるからです。

やはり確実な決め手となるのは雇用保険被保険者証(図)の確認になります。

雇用保険被保険者証の画像

雇用保険被保険者証

この保険者証があれば、間違いなく加入しています。

しかしながら、これを見たことがないという方が非常に多い。

おそらく、加入手続きが終わっても本人に渡さずに会社が保管したままになっているケースが多いからではないでしょうか。

よって、労働者側からはなかなか確認できる機会がありませんし、見せてもらっていたとしても忘れている場合が多いのです。

一方、会社側の都合もわからないでもありません。
なぜなら保険者証を本人に渡していても紛失してしまっている可能性が非常に高いから。
そして退職後に再交付の依頼をよく受け、この手続きは手間がかかる。
そんな理由から会社側で保管しているところが多いようです。

この様な事情から保険者証を確認できる機会はそんなに多くないのです。

会社を通さずに加入方法を調べる方法は?

雇用保険に加入しているのか会社に確かめたいけど、特に入社したばかりの人は会社には聞きづらいものですよね。

会社に知られずに雇用保険に加入しているか調べる方法はあるの?
あります。
会社の近くのハローワークかご自分の住所地のハローワークに行き雇用保険被保険者資格取得届出確認照会票を提出しましょう。

この書類はハローワークにありますし、インターネット上で作成することもできます。

自分で作成したい場合は雇用保険被保険者資格取得届出確認照会票で作成してください。

この書類を書いて本人・住所を確認できるもの(運転免許証など)を一緒に提出すると雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書をもらえます。

加入状況がどうしても心配な方はこの方法で確認する方がよいでしょう。

カテゴリTOPへ
 

関連ページ

会社が雇用保険未加入
会社全体として雇用保険に加入していないというケースがあります。会社が雇用保険に加入していないと、そもそも被保険者になれませんので、失業保険の給付に大きな影響がでます。