失業保険は通称です。

失業保険という保険制度はありません。

まず最初ひとこと

失業保険という保険はありません。

このサイトのタイトルにも使っておいて言うのも変な感じがしますが、そういう法律用語はありません。

世間では、

会社を辞める・会社が倒産=失業 → ハローワークに通う → お金がもらえる
という、お金がもらえる仕組みを広く失業保険と呼んでいるかと思います。

また、昔は『雇用保険法』ではなく『失業保険法』という名前でしたので、
その名残で残っている単語であるとも考えられています。

失業保険の正しい名称は求職者給付

失業した場合にお金がもらえる仕組みは、雇用保険の求職者給付と呼びます。(失業給付と簡単に表現することもあります)

失業して職を探している(求職者)に対する援助(給付)という意味ですね。

正しい名称があるなら正しい呼び方にしないの?というご質問も受けますが、
失業保険と呼んだ方が馴染みもあり、一般的にそう呼ばれているという理由であえて失業保険と呼ぶようにしておりますのでご了承ください。

このサイトの中でいう『失業保険』とは『求職者給付』であると読み替えててください。
カテゴリTOPへ
 

関連ページ

認定日で何をするか
認定日では、前回の認定日以降に行った求職活動の実績をチェックされます。認定を受けられない場合は失業保険はもらえませんので注意です。
●●期間を解説
被保険者期間、算定対象期間、算定基礎期間など、失業保険を理解するためにはこの3つの期間を正しく把握しておきましょう。
退職理由と給付日数
失業保険をもらえる期間は退職理由と年齢、雇用保険の加入期間によって異なります。特に退職理由が大切です。
雇用保険料の金額
失業保険の財源は給与から控除さえている雇用保険料で賄われています。会社も同じ金額を負担しています。