求職申込書は失業保険の手続で最初に提出する書類

求職申込書は最初に作成する書類です

失業保険の申請をする前に、最初に渡されるのが求職申込書です。

求職の申し込みはしないといけないの?
この求職申し込みは必要な手続きです。

なぜなら、退職後に何ヶ月かゆっくりしたい人にとっては求職と聞くと違和感があるかもしれませんが、失業保険をもらえるようになるには失業の状態にあることを要件としています。

この『失業の状態にあること』とは、以下の3点を満たすことをいいます。

積極的に就職する意思がある
いつでも就職できる能力がある
積極的に就職活動を行っているにもかかわらず、就職に就く事が出来ない

よって求職申込書の提出が求められる理由は、仕事を探しているという状況を申告させているからですね。

求職申込書は提出しなければならない書類です

求職申込書を提出しないなんて事はできるのでしょうか?
できません。
雇用保険法の15条2項に失業保険の申込をする前には『公共職業安定所(ハローワーク)で求職の申込をしなければならない』とあります。

求職の申込は失業保険をもらうための必要条件ということですね。

 

なんだか堅苦しく考えてしまいましたが、この求人申込書は失業保険の認定日をクリアするために最も便利な求人情報検索システムを使っての相談等々を行えるようになるものです。

つまり、不利になるようなことはありませんので、申し込んでおいたほうがお得と言えます。

失業保険を4週間に一度、失業中であるかどうかを確認する日(認定日)がありますが、その認定日をクリアするには認定日〜認定日の間に求職活動を2回行っていることが必要です。
2回に満たない場合、その月の失業保険の給付金はもらえません。
昔はこの求人情報検索システムで求人情報を検索しただけで求職活動1回とカウントしてくましたが、 最近では検索した求人を窓口職員に質問して紹介状を作成してもらうまで行わないと求職活動と認めてくれないハローワークもあるそうです。(各都道府県で異なるみたいですが。)

求職申込書には何を書くの?

求職申込書の中身をご覧下さい。⇒ハローワーク:求職申込書の記入例へのリンク

書き込む内容がちょっと多いので面倒ではありますが、滅多な事を書かない限り特に問題は無いので正直に書いておきましょう。

一点だけ肝心なところですが、

求職活動申込書の記入カ所に公開希望を選択する欄がありますが、これは希望しないの方を選択したほうが手続きが楽
です。

この欄は何かといいますと、

ハローワークに自分のスキル・情報を詳細に登録して、企業側から指名を受けやすくするもの
です。

企業側から逆指名をされやすくする項目ですね。

自分で就職活動をしたい人には不要のものですし、これを登録しようと思ったらA4の用紙いっぱいに自分の経歴を作文しなければなりませんので、かなり手間がかかります

私は意味が分からずとりあえず『公開を希望する』と記入してみましたが、窓口職員に追加記入のための用紙を見せられ、あわてて『やっぱりどの職に就きたいかはじっくりと自分で決めたいので・・・』とごまかして変更しました。

あとは特に難しい記入欄はないかと思います。

カテゴリTOPへ
 

関連ページ

離職票−1
失業保険の申込手続きをするために必要となる書類である離職票1の説明をします。
離職票−2
失業保険の申込手続きをするために必要となる書類である離職票2の説明をします。ここに記載された離職理由が正しいかどうかはしっかりと確認しておきましょう。