一般被保険者とは、フルタイムで働く65歳未満の方です。

一般被保険者とは?

一般被保険者とは、以下の条件を全て満たした人が該当します。

  • 一週間の所定労働時間が20時間以上であること
  • 31日以上の雇用見込みがあること
  • 65歳未満であること

入社時に労働時間が短くて条件を満たしていなくても、実態として労働時間が長くなってくると雇用保険の加入資格を満たすケースがあります。

入社時に65歳未満であって65歳になっても継続して会社に在籍している場合は高年齢被保険者という区分に変更になります。
入社時に65歳以上の方が就職した場合はいままでは雇用保険に入れませんでしたが、平成29年1月1日以降に高年齢被保険者となります。

一般被保険者が受けられる失業保険

一般被保険者が、65歳未満で退職した場合で以下の条件を満たした場合に失業保険を受けることができます。

離職日が65歳になる前であること。
(正しくは、65歳の誕生日の前々日までに退職する必要があります。)

被保険者期間が12カ月以上あること
(普通に1年間働いていた場合が当てはまります。)

被保険者期間については関連記事被保険者期間とは?をご確認ください。

 

なお、退職するときにこの2条件を満たさない場合も、前職がある場合で、前職を退職した際に以下の条件を満たした場合は、前職の被保険者期間も合算して計算してくれます。

  • 前職でも雇用保険に加入していたこと
  • 前職を退職した際に、失業保険をもらっていないこと
  • 前職を退職して1年以内に再就職していること(雇用保険に加入していること)

カテゴリTOPへ
 

関連ページ

高年齢被保険者
フルタイムで働く65歳以上の方が高年齢被保険者になります。もらえる失業保険は一般被保険者の金額よりも少なくなります。
短期雇用特例被保険者
失業保険の受給資格は、雇用保険の被保険者の種類によって内容がことなります。一般被保険者、短期雇用被保険者、高年齢被保険者など違いがあります。
日雇労働被保険者
失業保険の受給資格は、雇用保険の被保険者の種類によって内容がことなります。一般被保険者、短期雇用被保険者、高年齢被保険者など違いがあります。