職業訓練校の申込手続きと選考方法をご説明

職業訓練校への申込みと選考方法のご紹介

職業訓練校への申込み方法は一通りしかないのですが、選考方法は開講される訓練の種類によってバラバラになっています。

選考方法は面倒なものから書類選考だけのものもありますので、それらを確認しておいた方がよいでしょう。

と、いうことで今回の記事はそれらについてご紹介します。

職業訓練校に申し込むために必要になる書類

職業訓練校への申込みは、ハローワークの窓口で行う事になります。

受けたい訓練コースを見つけたら、下記書類を用意しましょう。

必要となる書類

  • 受講申込書(選考受付票など、呼び方はいろいろあります)
    これはハローワークでもらう訓練校のパンフレットに付属しています。
  • 写真(縦3cm×横2.5cm)

身分証明書などは不要です。

その他にも

申込みをする時に持っていれば用意しておいた方がよい書類

  • 失業保険の受給資格者証(雇用保険受給資格者証)
必要となるのはこれだけです。

簡単な選考方法と、面倒な選考方法

必要となる書類に訓練申込書というものがあることは前述しました。

この申込書や申し込み方法には、簡単なものと面倒なものがあります。

その内容は訓練コースによってバラバラなのですが、次のようにいろいろあります

  • 書類選考だけのもの
  • 面接が行われるもの
  • 適性検査が行われるもの
  • 高校入試程度の学力テストがあるもの
  • プログラミング言語の様な技術的なコースだと、システム系の問題があるもの
  • 志望理由が必要なもの(200文字〜800文字など様々)

面接だけだと思っていたら、応募書類が郵送されてきたときに志望理由を書かせる書類、職務経歴書やアンケートが同封させられていたなんていうパターンもあります。

職業訓練校の申込手続きは、少し手間がかかるものである
ということは覚悟しておいたほうがよいのではないでしょうか。

職業訓練校の申込書を提出する場所は。

職業訓練校の申込書の提出はハローワークですが、郵送ではありません。

直接ハローワークに書類を持っていく必要があります。

ハローワークに行って、窓口の職員に

職業訓練校の申込みに来たのですが。
と告げます。

窓口の順番がきたら、その職員に申込書を渡します。

すると、必ず以下の要求をされます。

失業保険の受給資格者証を見せてください

これは、以下の2つのポイントを確認しようとしているのです。

職業訓練校を受ける事ができる者であるかどうか。
職業訓練を受ける事ができる方は限定されています。関連記事職業訓練校へ通える人とはをご一読下さい。
応募者区分がどれ(区分A〜C)になるか。
応募者区分については関連記事職業訓練校への合格率を上げるにはをご一読下さい。

せっかく訓練に申込んで合格しても、結局受給資格がなかったりすると双方にとって得になる事は全くありませんよね?

そういう理由から受給資格者証の提出を求められるわけです。

とはいえ、『訓練の申込み』時点では受給資格の有無は問われませんので受給資格者証を持っていないという場合もあります。

そういう場合は『今はまだ持っていません』と伝えましょう。

提出を行えば、あとはいくつか注意を受けて終了です。

職業訓練校の申込みをした場合に受ける注意

申込書を提出しただけでは、その日は終わりません。

諸注意を受けます。

その諸注意は合格した者にしか関係ない話ですが、その時に以下の説明を受ける事になります。

合格した者は、入校日の前日までに次の書類を持ってハローワークにくる事
  • 失業保険の受給資格者証(雇用保険受給資格者証)
  • ハローワークカード(求職の申込みをした時にもらえるカード)
  • 職業訓練校の合格通知書

本当に合格した人にしか関係ない話なのですが、
この書類を提出した後は職業訓練校に面接に行ったり適性検査を受けに行くだけになり、ハローワークにくることがなくなるからです。

さて、訓練校に合格した人が入校日の前日までにハローワークに行って何をするのかというと、受講指示というものを受けます。

ちなみにこの受講指示というのは法律で決められているものなので、この指示を受けなければ職業訓練校に通いながら失業保険をもらうということができません。

雇用保険法第24条1項(要約)
受給資格者が所定給付日数を超えて基本手当をもらうためには、公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等を受ける必要がある。

この受講指示は絶対に受けましょう。

受けなければ合格が取り消されてしまうので。

訓練校の面接で聞かれそうな質問は?

申込みが終われば、あとは訓練校から連絡がくるのを待つだけです。

面接があるなら面接の日程、集合時間の連絡ですね。

なお、この提出する書類には、何か資格を持っていたとしても、特に指定がなければ書き込まないほうがよいでしょう。

あくまで職業訓練は職を探しているけれども経験が少なく就職が困難な者に対して行われるものでしょうから、技術を持っている人がいたら

その技術を生かせば訓練受けなくても働けるのでは・・・
という心理が働いてしまうかもしれませんし。

どういう内容で書類を作成するかは、皆様の判断にお任せいたします。

さて、面接である質問として最低限、以下の質問に対する回答を準備しておいた方がよいでしょう。

ありそうな質問(例)

  • なぜこの訓練コースを選んだのか?
  • どこでこの訓練コースを知ったのか?
  • 訓練コースの申込みは何回目か?
    (所定給付日数の残りがギリギリの方が初めての申込みをしている場合だと、『なぜギリギリになって申し込んだのか?』という質問もあります。)
  • 退職して、どういう求職活動をしてきたか。そしてその感触は?
  • 職業訓練期間中に就職したいか、最後まで受講したいか。その理由は?
  • 訓練を受けたら就職できる自信があるか?
面接の時間は長くても10分程度ですので、深く考えすぎず簡潔にまとめておく事をお薦めします。

以上が職業訓練校への申込みから入校選考までの段取りとなります。

少々面倒な手続きばかりですが、お金をもらいながら訓練を受けることができるので仕方が無いと思っておきましょう。

前に戻る 次へ進む
 

関連ページ

職業訓練校へ通える人
誰でも職業訓練校へ通えるわけではありません。年齢や働き方によっては通えない場合があります。
職業訓練校への合格率
職業訓練校の合格率には応募者区分という分け方があります。合格率を上げたい人は失業保険の手続き時期をいつにするかを考えておきましょう。
職業訓練校の選び方
職業訓練のコースはかなり多く、自分で選ぶことはかなり困難です。ハローワークで相談する前に事前知識を身につけましょう。
訓練期間中の受給額
職業訓練の訓練期間中は、失業保険の他にも受講手当や交通費が支給されます。いくらもらえるのかをご紹介。