失業保険をもらうためには必要な書類があります。

必要な書類をチェック

月末付けで会社を退職。

その次の日にハローワークに失業保険の申請に行くぞ!

なんてお考えの方、少々お待ち下さい。

必要な書類はお持ちですか?

失業保険をもらうには離職票や雇用保険被保険者証など、いくつか書類が必要です。

離職票とは会社が作成してハローワークに提出した後に発行される書類です。
すぐに作成してくれる会社もあれば、1カ月以上待ってもまだ作成してくれない会社もあります。
(法令上は退職後10日以内と決まっているのですが、なかなか法令上どおりにいかない会社が多いのも現実です。)

離職票がなければハローワークに行っても何にも手続きが進みませんので、ムダ足になってしまいます。

と、いうことで今回はハローワークへ失業保険の申請に行く際に必要となる書類のご紹介です。

必要な書類一覧

ハローワークに行く前には以下のものが揃っているかをチェックしておきましょう。

必要書類等一覧

  • ハローワークで入手するもの
  1. 求職申込書
  • 持参するもの
  1. 離職票1
  2. 離職票2
  3. 雇用保険被保険者証
  4. 印鑑
  5. 写真(たて3cm×よこ2.5cmの正面上半身のもの)×2枚
  6. 本人確認、住所及び年齢を確認できる官公署の発行した写真つきのもの (運転免許証、住民基本台帳カード(写真つき)等)
  7. 本人名義の普通預金通帳
  8. 個人番号(マイナンバー)がわかる資料

印鑑は間違った箇所があったときの訂正印で使いますし、預金通帳も、口座番号が正しいかどうかをチェックされるので必要です。

求職申込書だけはハローワークに行ってから入手するものなので事前には準備できませんが、
離職票1、離職票2については事前に手元にあるものです。

現地での時間削減ができますので、前日までには書き込みを終わらせておく方が安心です。

前に戻る 次へ進む
 

関連ページ

失業保険の金額を計算
失業保険がいくらもらえるのかを計算できます。給与の金額を入れて計算すれば、基本手当の日額、所定給付日数、受給総額が表示されます。
失業保険の申込手続き
失業保険の手続き方法についてご説明します。どこのハローワークに行くのか、手続の流れがわかります。
認定日のスケジュール
認定日の日程は最初にハローワークに行って失業保険の手続きをした日で自動的に決定します。何か特別な予定がある人はしっかりスケジュールを確認てから行きましょう。
最初に振込まれる金額
失業保険の1回目の受給額は満額ではありません。振込金額の計算方法は待期期間と給付制限期間を考える必要があります。