失業保険の手続き方法やスケジュールをご説明します

失業への扉を開ける前に

失業保険をもらおうと考えている方

失業保険をもらわなければいけなくなってしまった方

理由は様々だと思いますが、やはり気になるのは

いくらもらえるのか
いつもらえるのか
ではないでしょうか。

このカテゴリーでは、失業保険の受給額の計算と、失業保険の手続きを開始するまでの手続きをご説明します。

本カテゴリーの諸注意

このカテゴリーでご紹介する失業保険とは、一般被保険者がもらえる失業保険の内容をご説明しております。

限定的に65歳以上で退職した場合の失業保険の計算もできますが、短期雇用被保険者や日雇労働被保険者の情報は含まれておりませんのでご承知ください。

高年齢被保険者については関連記事高年齢被保険者とは?をご確認ください。

最初の記事へ

 

失業保険のもらいかた記事一覧

失業保険の金額を計算します

失業保険の計算機の使い方をご説明します。使い方は簡単。以下の3点を入力して「計算する」ボタンを押してください。退職日に何歳でしたか?年齢の範囲を選択します。失業保険は、退職した日に何歳であるのかで金額が変動します。1日当たりの給与額(賃金日額)を入力します。退職前6カ月間の給与額(ボーナスや退職金は...

≫続きを読む

失業保険申請に必要な書類を準備

月末付けで会社を退職。その次の日にハローワークに失業保険の申請に行くぞ!なんてお考えの方、少々お待ち下さい。必要な書類はお持ちですか?失業保険をもらうには離職票や雇用保険被保険者証など、いくつか書類が必要です。離職票とは会社が作成してハローワークに提出した後に発行される書類です。すぐに作成してくれる...

≫続きを読む

失業保険の申込手続きをする

失業保険の手続きをするハローワークは勝手に選んでよいのではなく、自分の住所を管轄するハローワークです。ハローワークには『管轄区域』というのがあり違うところに行ってしまうと手続きしてくれませんので、行く前にしっかり確認しておきましょう。管轄区域を調べるには全国ハローワークの所在案内へ。ハローワークに到...

≫続きを読む

認定日のスケジュール

失業保険をもらおうとするためには、求職の申込をしなければ支給が開始されませんから、失業保険の申込は出来るだけ早い方がいいといえます。ですが、この申し込みに行く日はよく考えてから決めましょう。なぜなら、失業保険の申込みをした日が基準になって、以下の内容が自動的に決まりまるからです。ほぼ全ての認定日失業...

≫続きを読む

最初に振込まれる失業保険の金額

失業保険の支給額は常に満額(28日分)が支給されるわけではありません。この原因を、失業保険の支給額の計算式から考えてみましょう。失業保険の計算式失業保険の支給額 = 基本手当の額 × 失業していると認められる日の日数『失業していると認められる日』のことを、以下、『失業日』と表現しています。具体的にい...

≫続きを読む